Newsニュース

株式会社YMFG ZONEプラニング様と “地方創生にかかる包括連携協定” を結びました。

このたび株式会社YMFG ZONEプラニング(社長 椋梨 敬介)様と、山口第一交通グループ山口第一株式会社(代表取締役社長 坂田 和美)及び、同グループ子会社である株式会社REA(代表取締役 坂田 敬次郎)は、YMFGエリア内(※1)におけるAIやIoT技術を活用した次世代運行サービスの導入を推進するため「地方創生にかかる連携協定」を締結しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

(※1 山口・広島・北九州を中心とする山口フィナンシャルグループの営業エリアを指します。)

 

1.包括連携協定の目的

地方創生に関わる様々な分野で相互に協力し、協働した取り組みなどを行うことにより、 地方創生の実現に資する。

 

2.包括連携協定の主な内容

(1)地域のモビリティサービスの企画・立案

(2)実証等に係る候補地及び実施内容の検討

(3)実証に係る自治体や、事業者並びに利害関係者への説明活動

(4)その他当事者協議の上で決定する地方創生に関すること

 

3.今後の取り組み

今回の協定書の締結により、今後、YMFGエリア内の交通課題解決に向けた取組を進めて参ります。更にその成果を踏まえながら、連携を強化していきます。

 

 

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社YMFG ZONEプラニング 担当:西林・松本・大坪   

TEL:083-223-4202